任意売却のメリット・デメリット

任意売却のメリット・デメリット

  1. 任意売却することにより市場価格に近い価格で販売できる!
  2. 債権者へより多くの返済が可能となる!。
  3. 一般の売却と同じ方法で販売するので近隣には秘密にできる!
  4. 任意売却後の債務の返済も柔軟に対応して貰える!
  5. 場合によってはリースバックとしてそのまま自宅に住み続けられるケースもある(要ご相談)

話し合いにより、引越費用、その他の費用を受け取ることも可能!
下記の滞納分、諸費用等も債権者より支払われます!

  • 滞納管理費(マンション等、管理費等がある場合)→管理組合へ
  • 抵当権抹消費用→司法書士へ支払い(債権者との話し合い)
  • 抵当権の解除の書類代→抵当権設定者・利害関係人への支払い
  • 滞納している税金→原則、役所との話し合いです。支払われないこともある。
  • 不動産業者への仲介手数料
競売に比べて高額で売却できる可能性が高い

競売に比べて高額で売却できる可能性が高い

競売の場合、入札開始時の設定金額が低く、どうしても市場価格の7・8割程度の金額で落札されたり入札されない物件も多くあります。 任意売却だと「市場価格に限りなく近い金額での売却を目指す」ので、競売に比べ、確実に高額で売却できる可能性が高いといえます。 ということは、それだけ残債務(借金)の減少につながり、その後の生活再建がしやすくなります。

引越資金や当面の生活資金の確保も可能

引越資金や当面の生活資金の確保も可能

競売で入札されると、売却金額は全て債権者(金融機関等)に支払われますが、任意売却の場合、債権者(金融機関等)との話し合い次第で「売却金額の一部を手元に残す」ことも可能です。そのため、その資金を「引越代金や当面の生活費に当てることも可能」で、その後の生活再建がしやすくなります。

公に告知される心配がありません

公に告知される心配がありません

競売になれば「公告」というカタチで、新聞や業界紙、インターネット等で競売物件として、あなたのご自宅の情報が公表されます。その為、もしかすると知られたくない方や隣近所にも知られる可能性が高くなります。 しかし、任意売却なら公表される心配が無いため安心です。 (※但し、任意売却と同時に競売がスタートした場合は除きます)

PAGE TOP